読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タワシノート

言いたいことがうまく口で言えないから書くことにした

ジャニオタになり1年経った

8月がやってきました。

気がつけば、太一くんきっかけでジャニ沼に落ちて、あれから1年が過ぎていました。

この1年で変わったこと、学んだこと、発見したことなどをまとめてみようと思います。

新規ジャニオタの一年の記録

1.結局他のGにも興味を持った

 

tawashi63.hatenablog.jp

 

1年前の夏にTOKIOから始まったジャニオタ人生。
TOKIOだけと思ってたけど、現在、事務所まるごとです。CD聴いたり、TV番組もチェックしてます。
その中でも力を入れてるのは、変わらずTOKIO、そしてNEWS、ジャニーズWESTという感じです。

「でも、Jr.は把握無理でしょ」って思ってたんですが、最近、よく雑誌やテレビに出演している子は覚え始めました。なんでも繰り返しで覚えるようになるんですね。
……ということを前にも書いたような?(あやふやな記憶ですいません)
あ、先日NEWSのFC会員にようやくなりました。TOKIOもFC更新完了しました。次こそライブに参加するぞ!

 

2.ジャニタレ出演している番組チェックの本数が増えた

TOKIO関連しか録画していなかったTV番組も今は……
月曜~金曜 「ビビット」「おさんぽジャパン」
月曜 「月曜から夜ふかし」「キスマイBUSAIKU!?
火曜 「ガムシャラ!」(遅れ放送)
水曜 「ザ少年倶楽部」「TOKIOカケル」「リトルトーキョーライフ」「ジャニ勉」
木曜 「ぐるナイ」「アウトデラックス
金曜 「ニッポンのミカタ」
土曜 「正義のミカタ」「あほすき」「オーソレみ~よ」「ドヨルの妄想族」
日曜 「えびチャンズー」「まいどじゃ~に~」「男子ごはん」「鉄腕DASH」「イッテQ」「トーキョーライブ」

必然と観る番組が増えました。
曜日忘れましたが、「UTAGE」「キャラオケ18番」も関西は遅れ放送ながらもやってるので観てます。「ヒルナンデス!」もリアタイ視聴。いつなんどき誰が出ても良いよう「Mステ」ももちろん毎週撮ってます。
長時間放送の歌特番も楽しくて仕方ない。今年のジャニーズシャッフルメドレーは全グループ知ってる状態で観たので去年よりも何倍も楽しめました。

 

3.ジャニショに頻繁に通うようになった

 

tawashi63.hatenablog.jp

 

あれだけ怖がっていたジャニショによく行くようになりました。大阪店は今年心斎橋から梅田へ移転し、私の家からの交通の便は悪くなったのですが、売場とレジが別の階になり、ちょっと買いやすくなったかなっていう気がします。

 

4.アイドル誌を買うようになった
最初は「表紙だったら」とか「ピンナップついてたら」とかいろいろ選んで買ってたのですが、のちに「あの号買っとけばよかった」と、中古で買ったりすることが出てきたので、現在は「ポポロ」「Myojo」「POTATO」「Wink Up」「duet」の5誌は発売されたら買うようになりました。
事務所まるごと好きになると、誌面を余すことなく楽しめます。

 

5.まんだらけに頻繁に行くようになった
過去の雑誌を買おうと思うと、意外にブック○フは在庫がない(値段設定はそこそこ安いのであったらラッキー)。
個人の古本店は店によって値段がピンキリで、先に買った店より、後で見た店の方が安かったなんてよくあること。その逆もしかり。
まんだらけは号数などによって値段設定は少しバラつきがあるものの、在庫数がケタ外れ。探してた雑誌を見つけれることが多いなと。ただ、雑誌別には並んでるものの、号数が順番に並んでないので探すのに大変時間を要してしまうのが難点かな。

 

6.いろいろとアナログなことが多い
アナログというか、最近だとFC入会もネットからとか、ロッピーなどで出来たりするじゃないですか。
ジャニーズは手書きの振込用紙でしか申し込めない。更新も振込用紙。FC枠チケットのエントリーも振込用紙を使う。

どんだけ振込用紙いるねん!wwww

チケットの当落確認は電話で確認。
このご時世にその当落確認方法久しぶりに聞いたぞっていう。(テニミュ好きだったころによくやったなぁ)
あと、ジャニショは支払い現金のみ。
クレカ払いでお金を管理をしている私には最初の方は結構きつかった。
でも、クレジット導入するとなんかトラブル起きたときにややこしいもんなぁ。そういうとこもしっかり考えているのでしょうね。

 

7.メールが読まれた
「国分 太一のRadio BOX」と「SORASHIGE BOOK」で読まれました。
メールの内容は恥ずかしいので伏せますが、話のネタ書いて、必要事項も書いて送れば、ちゃんと本人に届くのだということがわかりました。(当たり前だけど、どっか信じてなかったww)
「レディボ」は何回か投稿して、何回か読んでくださりました。シールも1枚ゲットし、大事に保管しています。最近バイトの関係でリアタイで聴けなくなったこともあり、投稿も出来てませんが、また送りたいなぁとは思います。

 

8.番組協力に参加した
自分の中で第一歩を踏み出せたなという感じです。
TOKIO枠で「テレ東音楽祭(2)」、情報局メール枠で「オーソレみ~よ」、フォロワーさんに同行させていただき「ザ少年倶楽部in大阪(ライブビューイング)」に参加しました。
本当に貴重な体験をさせていただいたと思います。「テレ東~」「オーソレみ~よ」はテレビ局の中に入っての収録で、裏側もたくさん見れて、いい大人ながらめっちゃくちゃわくわくしました。
「テレ東~」は太一くん司会の番組だったので、たくさん太一くん見れたのがうれしかった。
太一くん、めっちゃかっこよかった!!
生放送だったから、スタッフさんといろいろ段取り確認しながら真剣な表情が多く、「かっこいい……!」と見とれてしまいました。でもいつもの笑顔が出ると「かわいい!かわいい!好き!」なりましたww感情が忙しかったですwww
そして、ずっと夢見てたTOKIOのライブを体験することが出来、感動で何度か泣きそうになりました。
今度は是非ツアーでじっくり味わいたいものです。

「オーソレみ~よ」と「少クラ」はまだ放送前なので今は書かないですが、どちらもとても楽しかったです!

 

9.服の系統が少し変わった
なぜ変わったのかと言いますと、前述の番協参加が大きな理由です。
一番最初に当たったのが「テレ東~」だったんですが、「服どうするよ!?」っていうことでした。
上は明るい色で、肌の露出が少ない服(膝が見えるのはアウト)、スニーカーなど足がしっかり覆われた靴などなど指定がありました。
みなさんどんな格好なのかと検索したら、みなさんカジュアルすぎず、でも指定に沿った落ち着きもありつつ、でも地味すぎない、きれいめな色でまとめた服装されてました。
その時の私の手持ち服といえば、ちょっとデザインが変わってて、派手な原色の、いわゆる原宿系に近い、ドがつくほどのカジュアルしか持ってませんでした。
「これでは変に目立ってしまうのでは……?」
どうしたらいいのか悩みました。
が、その時はかなり忙しく服を買いに行く余裕もなく、持ってる服でなんとかしました。
それに「テレ東~」の時はスタンディングライブだったし、ジャニ以外のファンの方々もいたので、うまい具合になじめました。
ただ、その時に「今日はよかったけど、後に他の番協やコンサート行くぞとなったとき、ドカジュアルだと浮くような気がする」と思ったのです。
うまい具合にセールも始まったので、いつも読まないような女性ファッション誌を参考に、大人っぽさもある、かわいい服を買い足しました。
もう私も25歳を過ぎましたので、服装を見直す良い機会がきたのかもしれませんね。
でも、番協にぴったりの服装は永遠の課題のような気がする……。

 

10.立ち見に抵抗がある人が多い
グッズの列や番協でも結構立って待つことが多い。
私は6~7年バイトで立ち仕事、スタンディングライブ慣れしているということもあってか、半日以上立ちっぱなしでもたいして気にしないです。
が、結構ブーイングが出ますよね。「まじ、足痛いんですけど」「えー!椅子なしなの!?最悪!」「立ち見なら行かない」って。
逆に並ぶことが多いから、そういうの慣れてるんだと思ってたので驚き。グッズ待ちの時は、レジャーシート持ってきたり、折りたたみ椅子持ってきて座ったりしてましたね。ある意味用意万端とも言えるけど、販売開始して列がどんどん動くのに、それでも椅子に座る人がいるときは列が詰まるから困ったものだなと思いました。

 

11.二十歳超えてジャニオタになった人は多い
「25歳になってジャニオタって遅いよね……邪険にされるのでは……」と怯えていた1年前。
いろいろブログやツイッター読んでたら、20歳越えてからジャニオタなったという方も多かった。「よ、よかったぁ……!」の一言につきます。みんなハマるときはハマってしまうものなんですよ!好きになることに遅いも早いもない!

 

12.意外と二次オタの人も多い
「こんな二次オタもやってるやつ、はぶられるよね……><」と1年前心の奥底で思ってました。(どんだけびびっていたのか)
実際は「私もアニメ好きですよ~」とか「元二次オタなんでわかります」っていう方が多い。すごい心が和らいだ。ジャニの話以外でも盛り上がれたり、普通に仲良くしてくださる方多くて、出会いに感謝しております。


という感じで、12個浮かんだので書きました。
あとは、コンサート参加ですよ。まだこれが未体験のまま残ってます。ライブDVD観ては、「行ってみたい」欲が高まるばかりです。そして、いつかはカウコンも行きたい。今年は難しそうだけどなぁ。
まだまだこの道を突っ走ろうと思います。