読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タワシノート

言いたいことがうまく口で言えないから書くことにした

愛のカードで進むんだ~ドリフェス始めました~

アニメ

<はじめに 2016年11月追記>

まさか「ドリフェス」が某リンゴ社から怒られて、リアルカードとの連携が出来なくなるとは……。出来なくなった日にこの記事も一旦下書きに戻してたのですが、思い出として残しておこうと思ったので、再び世に放ちます。

現在ではアニメも始まって、ゲーセンでも遊べるようになった「ドリフェス」なので、ファン数も増えたと聞きよかったなぁと思います。

とりあえず、この記事は書いた当時の物なので、あまりお役に立たないとは思いますが。よろしければ。

 

~~~~~~~~~~~~

突然ですが「ドリフェス!」というアプリゲームを勧められ、始めました。

 このゲームは、5人組男性アイドルグループ「Dear Dream」の活躍を応援していく音楽ゲームです。

 スクフェスとデレマスなどやってる私にとって「たまらんな!」って感じだったのですぐにDLしました。

 

ゲームのメイン画面

最初に、Dear Dream5人の中からメインにする推しキャラ(担当キャラ)を選べます。

1.佐々木純哉(カラー/黄)…Dear Dreamのリーダー。一見チャラそうだけど、めっちゃ真剣にアイドルやってる。唯一のツッコミ役。若干いじられキャラで、ドッキリを仕掛けられたりしてる。

2.及川慎(カラー/青)…冷静沈着。読書が好きでセリフが小説的・詩的になることがある。いつか作詞もしたいらしい。私服のファッションセンスが疑われている。

3.天宮奏(カラー/赤)…スカウトされてこの世界に足を踏み入れた。どうやらこの5人の中で一番アイドル歴が浅い模様。だからこそ、みんなに追いつきたいという気持ちが強いのが見受けられる。天真爛漫な千弦と波長がかなり合っていて、2人ですぐはしゃぐ。

4.片桐いつき(カラー/緑)…ほのぼの癒し系、しかしどこか天然。ダンスに定評があり、振り付けを提案したりしている。暴走しがちな千弦のお守&通訳役。

5.沢村千弦(カラー/紫)…元気の塊!ムードメーカー。楽しいことをいつも探している。富士山をよくプッシュしてくる。いつきとは幼馴染。

 

メインキャラにすると…

・ホーム画面で声をかけてくれる

・衣装をいろいろ着せることが出来る

・ゲーム中はセンターになる

・ゲームクリア後、キャラレベル用の経験値が他の4人よりも多く入る

 

私は及川慎(通称・慎様)にしてます。

なぜ慎様センターにしているのか?

自分でもわからないけど、始めるにあたって、この子以外に考えられなかったから。(つまり一目惚れ)

最初の衣装カード・ドリカを4枚をもらい、ゲームスタート。

 

衣装カード

ドリフェスは音楽ゲームでありカードゲームでもあります。

カード強くなかったら、どんだけパーフェクトでもスコアが伸びない。最近よくあるアプリゲームの仕組みです。

 

基本的にトップス・ボトムス・靴・アクセサリーの4枚のカードから成り立ちます。

レア度、属性、ブランドという項目があり、例えば「A」と言う曲があって、その曲の属性「B」ブランド「C」というのであれば、手持ちのカードから属性「B」に所属するブランド「C」のレア度の高くなおかつ数値の高いカードを全4枚着せていくとハイスコアを狙えるというわけです。

同じテーマ(例えば王子様ルックとか、詰襟とか)の衣装をきっちり4枚(場合によっては2枚、3枚で1セット)合わせると一番いいのですが、まぁ、なかなかそろいません。なので、迷彩パーカー+ヒョウ柄の半ズボン&レギンス+革靴+シルクハットというトンチキ衣装でゲームしなあかん時もあります。トンチキすぎてつらすぎる……。

 

そしてここでドリフェスの一番のウリを。

それは、カードが実際に存在する、つまりカードダス(稼働中)、パック(6/17~)で購入できるところです。

 

【Amazon.co.jp限定】ドリフェス!カード 開演-side B- 【DFP01】(BOX)

【Amazon.co.jp限定】ドリフェス!カード 開演-side B- 【DFP01】(BOX)

 

 

ネットカードダスも存在し、一回300円(900円~送料無料)、10枚+おまけカードのは1500円。どちらも購入すると、すぐにゲーム内で使用でき、後日リアルの自宅にはカードが届くというシステム。

私もつい先日10枚分やって、カードが届くのを楽しみに待っている状況です。(今、注文殺到しているようで、いつ届くか不明らしい。気長に待つしかない)

 

元々、ゲーム内でしか存在しないカードというのは、私的にはあまり好きではなくて。手元に残らない、データにお金を払うのがなんか切なくて、買った感じがしなくて嫌なんです。 スクフェスもカードガチャを回すために課金したのではなく、イベント時の体力回復のために課金してる感じ。 それがドリフェスでは手元に残る。 収納バインダーや持ち運びできるカードフォルダまで発売されます。

 

ドリフェス!カード オフィシャル2ポケットバインダー

ドリフェス!カード オフィシャル2ポケットバインダー

 

 

 

ドリフェス!カード カードポーチ 慎

ドリフェス!カード カードポーチ 慎

 

 

「ラブアンドベリー」や、「アイカツ」、「プリパラ」など、(私が大きくなってから出てきた)アイドル&カードゲームに憧れの視線を注いでた、アイドル好き&音ゲー好き&収集癖ある私にとって最高すぎる話……! 手元に残るということは、処分が一番大変なパターンであるとも言えるけど……。

 

リズムゲーム

左右から流れてくる○を、右から流れてきた○は右半分の画面を、逆に左から流れてきた○は左半分の画面を、どこでもいいのでタップorフリックor長押ししていきます。

タップの判定が甘め。「あ!ミスった」と思っても「OK」判定で、コンボ続けることが出来ました。慣れるとフルコンもすぐできます。でも、やっぱりHERDはややこしい譜面が多くて若干難しいかな。

そして、サビの前では必ず画面をなぞるシーンが挟まります。

○だったり、□だったり、ハートマークだったり……その時々でアピールが変わります。「この曲だからこの形」という決まりはなく、なにがくるのか本当にわからない。予想も出来ない。一番難しいのは、○と渦巻……。途中まで同じなんですが、巻くのか巻かないのか……!?という難しさ。

そのなぞりが例えMISSでもアピールのモーションが発動します。アピール度の高いモーションをするかどうかは、なぞりの結果ではどうやら違うみたいで、こちらもランダムの模様。

流れは、リズム→なぞり→リズム。

結果の時に表示される判定基準細かすぎる!オッケーとグッドはなにが違うんやwwww

 

楽曲は個人的に好きな感じ!アニソン色がやっぱり強いかな。

この記事の最後にまとめて貼ってますので、ぜひご視聴ください。

一番好きなのは、動画がないのですが、純哉くんと慎様の曲「ユレルMIDNIGHT」です。

 

ストーリー

このゲームにおけるプレイヤーの立ち位置は「ファン」。

こういう男の子たちがたくさん出るゲームの場合、プレイヤーは主人公の「マネージャー」だったり「プロデューサー」だったり「作曲家」だったりします。で、実際にアイドルと会話しながら、ストーリーや親密度を上げていくのが主流です。

ドリフェスは、「私(プレイヤー)が主人公」と言う概念はなく、「アイドルたちが主人公」。私(プレイヤー)は同級生でも幼馴染でもなく「どこかに住むファンの一人」で、本編に一切かかわることがないんです。

リアルなアイドルとファンの関係を投影しているんです。

恋愛要素を求めてやろうとする人にはちょっと不向きなのかもなー。私は逆に「リアルでいいな!」と思ってるんですが。

 

ストーリーは現在のところ、

「デビュー直後インタビューでテレビの番組に出演している(自分のレベルがあがると解禁される全体のストーリー)」

「楽屋裏の様子を放送している彼らの冠番組(キャラ一人一人のパロメーターを上げていくと解禁される個別ストーリー)」

を「観る」という流れ。

つまりカメラがまわっていない「プライベート」は垣間見ることが出来ないのです。

5人とも、Twitterを実際にやっているのですが、アイドル像を守りながらやってます。

そこもなんかリアルでしょう!?

 

でも、裏を返せば、Dear Dreamはどこか謎に包まれてるアイドルでもあります。

ゲームスタートと同時にDear Dreamはデビューしていて、人気もある。

他のゲームやアニメでは、デビューまでの道のりや、デビュー後の下積み、挫折、栄光などが順を追って描かれることの方が多い。

ドリフェスはまだ彼らのデビュー前のことについて、彼ら一人一人がどういういきさつで事務所のオーディションを受けたり、どういう理由でスカウトされたのか、など、会話途中で簡単にざっくり説明ことはあるものの、深く描写しているシーンはなし。

なので、どうして5人でデビューしているのに2人曲や、3人曲があるのか。(デビュー前は2~3人で活動していた?もしくは単純にグループ内でユニットを組んでいる)、結成したいきさつ、デビューまでに下積みはあったのかなど、気になる部分が多いです。アニメ化決定しているのでそのあたりはそこで回収するのかな?

 

その他

ゲーム全体の操作性は、まだ始まったところだから、改善してくれーとか不便やーと思うところは正直多い。(こないだのメンテでだいぶやりやすくはなった)

遊んでたらめっちゃスマホ熱持つし、キャラモーションがあるため、電池の減り方がやばい。急に落ちる回数が多い。

そこは今後改善されていってくれなきゃ困るので、先日アンケートにもしっかり記入して、反映されますようにと願ってきたところであります。

 

そして、メイン5人の演技がかたい、ぎこちない……。フルボイスなのに……。

これが気になって早々に離脱している方も多いと聞きます。

私も最初は「えっ?!」ってなった一人です。

でも、役者さんも頑張ろうとしている姿勢も見えるし、ここからどうなっていくのか、すごく楽しみ。 俳優沼にいたあの日の感覚……。

ちなみに5人とも大手事務所「アミューズ」に所属している俳優さんだったりモデルさんだったりします。

一番びっくりしたのが、慎様役の溝口琢也さん。

仮面ライダー電王に出てたらしいよ」と聞き、調べると、小太郎役の俳優さんだった!

あの時まだ十代前半のちびっ子だったのに……!現在二十歳も超えてて……!めっちゃかっこよくなってて、ひっくり返った……。

 

最後にYou Tubeにある公式ページよりMV貼っておきます~!


ドリフェス!ビデオクリップ01「グローリーストーリー」

 


ドリフェス!ビデオクリップ02「Dream Greeting!」

 


【ドリフェス!】DearDreamデビューシングル「NEW STAR EVOLUTION」Music Video

↑CDの初回生産分にはドリカ3枚(慎様衣装)ついてます!めっちゃかっこいい衣装なのでオススメ!残り少ないようなので、お早目に!

 

まだはじまったばかりだから、製作者側のいろいろ手探り感は隠しきれてないけど、うまくいけば人気出ると思うの……!アイマスアイカツ生み出したナムコだし……!がんばれドリフェス!