タワシノート

言いたいことがうまく口で言えないから書くことにした

隠し隠せ隠そう

言ってない事と隠す事は違う。

言ってない事は隠すつもりはないが言ってない事であり、隠す事は言いたくもないし知られたくない事である。

自分の中で、最初は前者かと思ってたけど、考え直した結果じつは後者だったんだなと感じた。


前回の記事ではニートでしたが、秋頃に働き始めました。

が、オタクを隠して生きています。

現在は無趣味の人見知りキャラです。


オタクを隠す事なく生きてきた自分にとって、ここまで「隠さなきゃ」という今までどこかに眠っていた感情が働き、戸惑っています。


今まで職場はどうだったかというと、友達はできた事がなかった。

でも、仕事仲間としては仲良くしてもらっていて、趣味を否定される事なく、職場で毎月1〜2万円近くアイドル雑誌や文庫本買おうとも「ロッサさん、これほんま好きやなぁ」とかくらいやったし、「ロッサさんの好きなアイドルの子の出てるテレビ見たよ」とかやんわりした会話で済んでいた。

時には好きな作品が一緒で休憩の時に話したりした。

わたしにとってそれくらいがちょうど良いと感じ、すごく心地が良かった。


現在の職場は、今まで働いてきた職場と雰囲気がガラリと違う。

まあ、なんというかオシャレとナチュラリストの集いというか……。

完全にクラスにいても絶対に話さない関わらない人種と一緒にいるというのはなかなかの苦痛である。


わたしは深爪レベルまで爪を切らないと安心しないから凝ったネイルには興味ないし(普通に塗るのは好きだからする)、友達と毎週会って遊ぶというのは自分の時間が割かれすぎて疲れるから予定入れる時に「この週はいかに自分の時間出来るか」を1番に考えるし、休みの日は家にいて一度も外に出ないことを良しとしてるし、合コンも一度街コン行って付き合った人に一年間振り回されて疲れるハメになって2度と行くかと思っている。


わたしと正反対のところにいる人との会話ほどなんと答えればいいのかわからない。

出来るだけ「そうなんですか〜」「凄いですね〜」「大変でしたね〜」と同調しつつ流す感じにはしているが、こちらにも話の矢が飛んでくる。


興味がないのでその辺の知識がなく、結局「わからないっすね……すいません」となるつらさよ。興味がもてないもんはもてない。だから極力話したくないのに。


かといって、こちらとしてもオタク話を延々としたいわけでもない。

したところで、向こう興味がないやろし。

というか、もうイヤフォン耳に突っ込んで黙々と、サッサと仕事終わらせたい。せっかく事務仕事になったから一日中誰とも話さず仕事したい。


つまりあまり人に干渉されたくない。


やねんけど、めっちゃ聞いてくるんや……。


ほっといてほしい事を掘って掘って掘り返されるんよな……。

しかも聞いといて忘れるからまた掘られて話すハメになる。

これ以上しんどい事はない。


これが友達ならまあまあ許せるけど、職場の人ですよ???!!!なんでそこまで根ほり葉ほり………。


ハブられてないだけいいと思えよって感じなんすけどね。ハブられたらハブられたでいろいろコミュニケーション取らないとできない仕事やからね。

でも、ほんと干渉されたくねぇ。


その上、「これ、パートのわたしが処理する案件ちゃうやろ」みたいな仕事も平然とまわしてきてわ結局わたしには出来ないレベルの契約案件とかやから、上司に戻すという手間。(つまり上司も契約書の内容わかってない)ファイルの置き場所もめちゃくちゃやからなにがどこにあるのかすぐわからない。

これ、よく前任の人やってはったなぁと思う。


そんな境遇でも普通に働いてる友達・フォロワーさん、みんな、ほんとすげえや。

コミュニケーションがしんどいなか、いつまでも緊張感と切り返しが問われる仕事やってるのつらくない?

わたしはつらいよ。

それともいろいろ考えすぎ??


とにかく今はひたすらしんどい。

帰っても家事やらんとあかんしね。やっとツイッター見たりゲームすっぞと思ったらもう寝る時間やし。番組リアタイ出来んし録画物も溜まってるからなにも追えてない。


自分の好きなことを発信するのも、自分を押し殺すこともうまく出来ないもんですわ。なにもうまくない。

わたしは生きるのが下手くそだ。


あーーージャニショとアニメイトの新鮮な空気吸いて〜〜〜深呼吸して〜〜〜。(ジャニショとアニメイトは心のオアシスだから働きたいとは思わない)