タワシノート

言いたいことがうまく口で言えないから書くことにした

2018という年

今年一年は「なんでこんなことに」という一言でまとめれると思います。

何が一番「なんでこんなことに」と言えば、TOKIOのあの一件です。
あの事件に関してもう何も言わなくてもいいでしょう。

四月の終わりあたりでしたよね、確か。

あの辺りからほんといろいろ狂ったなと思います。

TOKIOの出演してる番組(太一くん単独も含めて)を一切観なくなった、曲も聴かなくなりました。
観なく・聴かなくなったというよりは、観れなく・聴けなくなったという感じです。

思いの外ショックで。
事件そのものも、あの会見やファンクラブから届いたメールも。
ずーっと「なんでなん?」と意味のない問いかけを繰り返してしまって、今に至ります。

4人でも頑張って欲しいというのはもちろんあります。まだ太一くんもいるのに。でも、4人なんですよね。推しじゃなかったけど、いないとつらいんですよね。
5人だったからこそだったんだと。
前向きな脱退とかならまだしも、あの事件があっての脱退ってほんとやるせないんです。

一番つらいのは最推しとしてた妹だっただろうと思います。
小学生の頃から、私よりも早くTOKIOが好きで、あの人を推しとしてた妹が。
LINEであの事件一発目の連絡くれたのも妹で、2人で「嘘だ、でっち上げ記事だ」と言い合って、でも本当で。わたしよりもつらかっただろうにと思います。

ファンクラブ一応継続しています。
言えないけど、とても運命的な会員番号を手放したくないのと、もう希望の薄い音楽活動への一縷の望みをかけて。
でも、会報も開けてないし、一応誕生日おめでとうムービーは観たんですが、どのグループよりも短く味気なくて、これに関しては4人だからとかではないのかもしれないけれど、なんだか誕生日なのに「あー……」って脱力し、そっと画面を閉じました。

そんな中、妹とともに応援している関西ジャニーズJr.(以下関ジュ)の梅田芸術劇場で行われたライブに行きました。
そのライブのラスト付近で、TOKIOの楽曲が披露されました。
しかも、シングル曲ではなくアルバム曲の『JUMBO』。
『JUMBO』と言えば、TOKIOのライブでは鉄板と言っても過言ではないほど、ライブではよく披露されてる曲でした。(と言っても、わたしはライブに行けずじまいのまま、あの事件だったためDVDでしか見た事はないです)

バンドを組んでる子たち(正門くん・小島くん・佐野くん・小柴くん)がいるのでその子達から提案したのか、今回ステージをプロデュースしてくれた関ジャニ∞のお二人のどちらかが提案したのかわかりませんが、驚きました。

正直、TOKIOの楽曲をJr.が披露する確率はかなり低く(やはりバンド曲で踊りづらい・振り付けがないためでしょうか)、少年隊や光GENJIよりも披露率は低いです。
披露しても、有名なシングル曲(『花唄』『AMBITIOUS JAPAN!』あたり)しかしないので、まさか『JUMBO』が来るとはという感じでした。

先ほども書いた通り、関ジュには楽器が弾ける子たち4人でバンド体制を取れます。
ギター・ベース・キーボード・ドラムと基本的なバンドに必要な楽器を弾ける子たちがいるので、ちゃんと後ろで演奏していました。

改めて「あぁ、TOKIOの楽曲好きだなぁ。いいなぁ」と、そして、「TOKIOの楽曲は死んでない」と思いました。

終わってから妹と「まさか『JUMBO』やるとはな」と言うと、「でもやっぱり本家のTOKIOで見たかったな」と返ってきました。

やっぱり本家聴きたいよな。
本家聴いてないんだもんな。

あぁ、いつか音楽活動してくれないだろうか。
この梅芸で関ジュがやってくれて少し持ち直した気持ちがまだあるうちに。